ブーメラン引退宣言

1991年11月13日、トギーは大阪経済大学の西山豊教授のゼミナールで、初めてブーメランを投げました。

第2の誕生日と言っても良い日です。

それから25年以上、日本人で初めて団体戦で世界チャンピオンになり、個人戦種目別でも世界1位を取ることができました。

また、長年の夢だった、自分がデザインした紙ブーメランが宇宙にも行きました。

さらに、たくさんの人達と出会いがあり、多くの芸能人の方とも、テレビで共演させていただくことができました。

そして節目となる今日、競技ブーメランから『引退』することを決意しました。

理由はモチベーションの低下と、病気を患い、また原因不明の指のシビレもあり、納得いくブーメランの投げが、できなくなったからです。

四半世紀、ブーメランと共に歩んできましたが、一区切り付けます。

テレビ出演も今年で最後にします。

ただ、ブーメランから完全に身を引くのでは無く、講習会、指導など普及活動は続けて行きます。

これからは、ブーメランへの恩返しをしたいと思っています。

今まで本当にありがとうございました。

幸せな競技ブーメランの人生でした。

Many Happy Returns !

栂井靖弘(トギー)

「ブーメラン引退宣言」への2件のフィードバック

  1. ありがとうございます。
    今後もぼちぼち、ブーメランの普及に貢献したいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です